自律神経を整えたい

静岡にはサウナーの聖地しきじ がありますね。

行ってみたいと思いつつ私はまだ未経験です。近場のサウナを楽しんでます。


「整う」

熱いサウナに入ったあと、水風呂にザブーンと浸かる

これを何度も繰り返す。

そうすると、「整う」の境地に到達できるそうです。笑

気持ち良い状態になって、自律神経バランスが整った!という意味だそうです。


どういた原理かというと、

 サウナに入ると体が温まり代謝が上がります。

水風呂に入って一気に身体を冷やすことで、交感神経が刺激されて血管が締まる

血圧があがる、そこで身体が戻ろうとして副交感神経を働かせて血管を緩めようとする!

こうしているうちに副交感神経が優位になって、気持ちい〜い状態になります。

これが、整った!ということなんだそうです。


やってることは、あえて体に負荷をかけて、戻ろうとする力を高めていくことが、

自律神経の働きを活性化していることではないでしょうか。

(サウナの場合は、負荷がとても強く心臓にも負担がかかるので要注意です!!)


実は、ヨーガも適度に体に負荷をかけています。

そして体が元に戻ろうとする時、身体にもともと備わった機能、

恒常性維持機能が働きます。


例えばアーサナは、体に適度に緊張を入れて保持・負荷をかけていきます。

その後、身体を緩めることで副交感神経が優位になり、リラックスの感覚が広がっていきます。

姿勢を保持している時に意識が向きがちですが、実は戻る時に体がリラックスしています。


プラーナヤーマでは、呼吸をコントロールしますが、

呼吸のスピードを落として回数を減らしていくことで呼吸機能に負荷をかけていきます。

呼吸は普段は無意識で自律的に働いている自律神経の機能です。

つまり、自律神経に間接的にアプローチをしていくこととなるのです。


こうやって自律神経にアプローチする練習を普段から行っていくと、

日常の生活でも、体にかかる負荷や、環境の変化に適応しやすくなっていきます。

ヨーガでどんどんキャパシティ上げてきましょう!



裾野学苑ヨーガクラス

身体の健康と心の安定を目指すヨーガです。 身体を最大限にリラックスさせ筋肉、内臓、自律神経、呼吸を整えます。 不調が取り除かれ、快適で穏やかな毎日がやってきます。ストレスケアに。

0コメント

  • 1000 / 1000