伝統的ヨーガとエクササイズヨガの違い

私が伝統的なヨーガをはじめるずっと前のことです。

当時、アメリカから輸入されたハード系のホットヨガが巷に流行り初めていたころです。


通勤していた会社の一階にそのハード系のホットヨガができました。

不規則な生活や暴飲暴食がひどかったので、「痩せたい!」

という軽い気持ちで入会してみました。


インストラクターは腹筋が割れているスポーツマン風で、

蒸し風呂みたいな部屋から終わるまで絶対に出るなと言われ、「もっと伸ばして!」「まだいける!」と言われながら汗だくになって身体を動かすヨガでした。

とてもスパルタです。


確かにあんなに汗をかくことは普段ないので、気持ちよかったかもしれません。

汗を流してもう目も開けていられないぐらいぐったりです。

めまいを感じて倒れそうになりながら、吐き気を感じてる時もありました。

結局終わったあとは、爆睡、ですが疲れが取れる感覚はあまりなかったかもしれません。

はじめは頑張って毎日通うのですが、憂鬱になって一ヶ月とたたずにやめてしまいました。


後に、伝統的なヨーガに出会い、

そもそも伝統的なヨーガと、ホットヨガやエクササイズのヨガは異なる 

ということに気づきます。


ホットヨガやエクササイズのヨーガは、ビヤヤーマという肉体鍛錬体操に端を発しています。

それがアメリカに持ち込まれて進化し、さらにはそれが日本に入ってきました。

”運動”の要素が強いものです。

運動する時は心拍数が上がり、呼吸が上がり、汗をかいて爽快感があり、終わったあとは、疲労しますよね。


対して伝統的なヨーガは、”リラックス”の要素が強いです。

心拍数が下がり、呼吸のペースが下がり、汗もそこまでかきません。

運動による疲れはあまりありませんが、普段の疲れが解消され、エネルギーが蓄えられ身体の省エネ活動ができるようになります。


ダイエットの面からいうと、

運動の要素が強いヨガは、ある目に見えてわかりやすく即効性があると思います。

ですが伝統的なヨーガは、時間をかけて身体と心が変化し、骨格や体幹、内臓が変化して

また、心が変化して食生活が整えられ緩やかに痩せていきます。


伝統的なヨーガは、身体だけではなく心にも変化をもたらすものです。


どちらを選ぶか?は今どちらを必要としているか?

それぞれのタイプがあって良いと思います。

ぜひご参考にしてみてください。


裾野学苑ヨーガクラス

身体の健康と心の安定を目指すヨーガです。 身体を最大限にリラックスさせ筋肉、内臓、自律神経、呼吸を整えます。 不調が取り除かれ、快適で穏やかな毎日がやってきます。ストレスケアに。

0コメント

  • 1000 / 1000